千島列島をめぐる日本とロシア

個数:

千島列島をめぐる日本とロシア

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 311,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784832933866
  • NDC分類 211.9
  • Cコード C1021

内容説明

日露関係史・日本北辺史の研究に携わってきた著者が、日本とロシアの最初の接触から現代までを、両国さらにはアイヌ民族とのかかわりについて、種々の挿話等を交えながら、歴史的に考察。細かな注を付さず、一般読者向けに読みやすく書き下ろした、著者積年の研究の総決算。北大図書館北方資料室が世界に誇る貴重な資料に基づき、ヨーロッパ・ロシア・中国・日本の北方図を詳細に比較検討。その相互関係を明らかにするとともに、地理的探求と地図作製の問題を総合的に叙述した北方地図学史・日本北辺史の決定版。

目次

序章 千島列島の地理と先住民
第1章 千島列島に関する初期の情報
第2章 ロシア人の千島進出
第3章 ロシア人の千島列島南下
第4章 ロシア人の蝦夷地到来と『赤蝦夷風説考』
第5章 天明年間幕府の蝦夷地調査
第6章 幕府の蝦夷地直轄への道
第7章 露米会社と千島列島
第8章 幕府・松前藩の南千島経営
第9章 日本の北千島領有と経営
第10章 北洋漁業と北千島諸島
第11章 内国植民地としての南千島諸島
終章 第二次世界大戦と千島列島

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件