四国遍路の宗教学的研究―その構造と近現代の展開

個数:

四国遍路の宗教学的研究―その構造と近現代の展開

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 417,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784831856302
  • NDC分類 186.9
  • Cコード C3015

内容説明

本書は巡礼を宗教学的アプローチとりわけ比較宗教学の見地を中心に据えながら、人類学、社会学、歴史学などの方法や成果を十分に咀嚼しつつ、日本の代表的な巡礼である四国遍路を具体的なケースに論じようとするものである。

目次

序章 四国遍路研究の目的と方法
第1章 巡礼の基本構造―巡礼とはなにか(巡礼の基本的意味;聖地とはなにか ほか)
第2章 四国遍路の構造的特質(四国遍路における聖性の特質;社会構造上から見た遍路者の特質 ほか)
第3章 近代の四国遍路(1)(四国遍路の成立と近代までの展開;近代四国遍路と移動手段 ほか)
第4章 近代の四国遍路(2)(宿帳記録からみた近代の四国遍路;宿帳記録からみた遍路者の性別・年齢・職業 ほか)
第5章 現代の四国遍路(戦後の社会変動と四国遍路;四国遍路の意味づけの変化 ほか)

著者紹介

星野英紀[ホシノエイキ]
昭和18年12月、東京に生まれる。大正大学文学部卒業、シカゴ大学留学、大正大学大学院博士課程修了。現在、大正大学人間学部教授、(財)国際宗教研究所所長、文学博士