高砂

個数:
  • ポイントキャンペーン

高砂

  • 竹本 幹男【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 桧書店(2000/05発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年03月30日 19時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 30p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784827910131
  • NDC分類 773
  • Cコード C0074

内容説明

時は『古今集』の撰集された延喜の帝(醍醐天皇)の時代、九州阿蘇神社の神主友成の一行は、都見物の途中、播磨国(現兵庫県)の名所高砂の浦で、和歌の神である住吉明神の化身の老人夫婦に出会う。二人は友成の問いに「相生の松」のいわれを教え、『万葉集』の昔と変わらず歌道が繁栄する今の延喜帝の治世をたたえる。老翁はさらに乞われて、和歌が栄えるのは、自然界の草木をはじめ、万物に歌心がこもるためでもあると説き、とくにめでたいのは樹齢千年を保つ常緑の松であるとして、松の由緒の数々を語る。やがて二人は友成に住吉での再会を約し、海の彼方に姿を消す。友成一行も舟で後を追い、住吉に着くと、明神が若々しい神姿を顕わし、祝福の舞楽を舞う。室町時代以来、現在に至るまで、能の代表として人気の高い祝言曲。めでたい席で好んで使われる「高砂やこの浦舟に帆をあげて」「千秋楽は民を撫で」などの謡は、本曲の一部である。