沖縄の環境・平和・自治・人権

個数:

沖縄の環境・平和・自治・人権

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784822817671
  • NDC分類 519.219

目次

総論 沖縄から未来を拓く(特別講演 日本にとって沖縄とは何か;基調講演 沖縄の環境問題;基調講演 安全保障と沖縄;基調講演 安全保障と地方自治;基調講演 国際人権と環境・文化―先住民族の視点から)
第1部 環境・平和・自治・人権についての辺野古・高江の問い(生物の多様性豊かな辺野古・大浦湾と埋め立て問題;東村高江・国頭村安波の自然と米軍ヘリパッド建設の影響;「高江アセス」の問題点;オキナワ問題とは何か;戦後日本の立憲主義の欺瞞と沖縄が主張する自己決定権;日本の環境アセスメントの問題点;沖縄の全基地返還への展望)
第2部 辺野古が提起する法的(国際法を含む)諸問題(米軍への提供施設・区域と環境保全;脅かされる地方自治―辺野古争訟(裁判)の検証
辺野古が問う日本の環境民主主義―オーフス条約の視点から
どの故郷にも戦争に使う土砂は一粒もない
国際社会から見た辺野古新基地建設
東アジアの平和と辺野古新基地建設)
第33回日本環境会議沖縄大会宣言

出版社内容情報

環境問題の研究者、弁護士、医師、ジャーナリストを中心に、世界的にみてもユニークな学際的研究グループが高江・辺野古問題を検証。オスプレイ墜落事故、辺野古裁判を最高裁は上告棄却……、沖縄の民意は「オスプレイはいらない」「辺野古に新基地はつくらせない」ことにある。10月に開催された学会のレポートから、高江と辺野古の問題について、専門家がアカデミックに検証します。“オールスター”ともいえる豪華執筆陣です。

はじめに……寺西俊一



総 論 沖縄から未来を拓く……桜井国俊

     1 特別講演 日本にとって沖縄とは何か……新崎盛暉

     2 基調講演 沖縄の環境問題……桜井国俊

     3 基調講演 安全保障と沖縄……我部政明

     4 基調講演 安全保障と地方自治……宮本憲一

     5 基調講演 国際人権と環境・文化──先住民族の視点から……上村英明



第1部 環境・平和・自治・人権についての辺野古・高江の問い

     はじめに……花輪伸一

     1 生物の多様性豊かな辺野古・大浦湾と埋め立て問題……安部真理子

     2 東村高江・国頭村安波の自然と米軍ヘリパッド建設の影響……宮城秋乃

     3 「高江アセス」の問題点……宮城邦治

     4 オキナワ問題とは何か……屋良朝博

     5 戦後日本の立憲主義の欺瞞と沖縄が主張する自己決定権……島袋 純

     6 日本の環境アセスメントの問題点……原科幸彦

     7 沖縄の全基地返還への展望……前泊博盛



第2部 辺野古が提起する法的(国際法を含む)諸問題

     はじめに……喜多自然

     1 米軍への提供施設・区域と環境保全……新垣 勉

     2 脅かされる地方自治──辺野古争訟(裁判)の検証……徳田博人

     3 辺野古が問う日本の環境民主主義──オーフス条約の視点から……大久保規子

     4 どの故郷にも戦争に使う土砂は一粒もない……阿部悦子

     5 国際社会から見た辺野古新基地建設……吉川秀樹

     6 東アジアの平和と辺野古新基地建設……ガバン・マコーマック



第33回日本環境会議沖縄大会宣言



あとがき……真喜志好一

日本環境会議沖縄大会実行委員会[ニホンカンキョウカイギオキナワタイカイジッコウイインカイ]
「日本環境会議」(JEC:Japan Environmental Council)は、世界的にみてもユニークな学際的研究グループである「公害研究委員会」(1963年7月発足)のメンバーが中心となって、1979年6月に設立された。設立以来、ほぼ毎年1回の大会やシンポジウム等を各地で開催してきたが、1991年11月の第11回会議以降は会員制の組織に移行し、各分野の大学研究者、専門家、実務家、弁護士、医師、ジャーナリスト、全国各地の市民運動や住民運動のリーダー、一般市民、大学院生など、約500名余の会員を擁している(2017年1月現在)。
 沖縄で大会を開催するのは、1988年の第8回会議、1996年の第16回会議に続き今回の第33回会議(2016年10月21日~23日、沖縄国際大学で開催)で3回目である。33回中の3回が沖縄での開催である。実行委員会には、沖縄環境ネットワーク、沖縄社会教育研究会、沖縄平和ネットワーク、沖縄リサイクル運動市民の会、原発事故避難者に公的支援を求める会、大学等非常勤講師ユニオン沖縄、つなごう命──沖縄と被災地を結ぶ会、日本科学者会議沖縄支部など、地元の…