• ポイントキャンペーン

選挙の経済学―投票者はなぜ愚策を選ぶのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 472p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784822246099
  • NDC分類 314.84
  • Cコード C0034

目次

序章 民主主義のパラドックス
第1章 集計の奇跡を超えて
第2章 系統的なバイアスを含んだ経済学に関する思い込み
第3章 米国民と経済学者の意識調査(SAEE)
第4章 古典的公共選択と合理的無知の欠陥
第5章 合理的な非合理性
第6章 非合理性から政策へ
第7章 非合理性と供給サイドから見た政治
第8章 市場原理主義VS.デモクラシー原理主義
終章 愚かさ研究の勤め

著者等紹介

カプラン,ブライアン[カプラン,ブライアン][Caplan,Bryan]
1971年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校で経済学修士、プリンストン大学院経済学博士修得。現在、ジョージ・メイスン大学准教授(公共選択論、投票の非合理性)

長峯純一[ナガミネジュンイチ]
関西学院大学総合政策学部教授。1958年生まれ。専門は財政政策、公共選択、政策分析。茨城大学人文学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(経済学)

奥井克美[オクイカツヨシ]
追手門学院大学経済学部教授。1963年生まれ。専門は公共経済学、公共選択論。慶應義塾大学経済学部卒業、法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

私たちは自ら正しい政策に背を向け、民主主義を台無しにしようとしている。経済学の視点から民主主義を分析し、投票者の“合理的な非合理”を明らかにした話題作。