竹内好セレクション〈1〉日本への/からのまなざし

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 377p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784818819054
  • NDC分類 081.6
  • Cコード C0395

出版社内容情報

めまぐるしい変貌を遂げるアジアのなかで、いま日本はどうあるべきか。
竹内好が問い続けた、アジアにおける「近代の超克」の意味を今こそ考える。


序 屈辱の事件
Ⅰ 支那と中国
Ⅱ 近代の超克
Ⅲ 国民文学論
Ⅳ 予見と錯誤
解説 今、なぜ竹内好なのか 孫歌

内容説明

「日本」という国を知っていますか?めまぐるしい変貌を遂げるアジアのなかで、いま日本はどうあるべきか。竹内好が問い続けた、アジアにおける「近代の超克」の意味を今こそ考える。

目次

序 屈辱の事件
1 支那と中国(支那と中国;大東亜戦争と吾等の決意(宣言) ほか)
2 近代の超克(国の独立と理想;近代の超克)
3 国民文学論(中国文学の政治性;ナショナリズムと社会革命 ほか)
4 予見と錯誤(基本的人権と近代思想;殉難者の霊の前に ほか)

著者等紹介

竹内好[タケウチヨシミ]
1910年、長野県に生まれる。1977年逝去。享年67歳

丸川哲史[マルカワテツシ]
1963年生まれ。明治大学政治経済学部助教授

鈴木将久[スズキマサヒサ]
1967年生まれ。明治大学政治経済学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件