多職種チームで取り組む認知症ケアの手引き

個数:

多職種チームで取り組む認知症ケアの手引き

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年05月28日 17時47分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 152p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784818020351
  • NDC分類 492.931

内容説明

「認知症ケア加算」算定のための参考書に!急性期病院での認知症ケアの具体的な実践方法を掲載。

目次

1 身体疾患を有する認知症の患者のケアの現状と認知症ケア加算(急性期病院における認知症の人の現状;認知症ケア加算の概要;認知症ケア加算新設までの経緯―日本老年看護学会老年看護政策検討委員会の取り組み)
2 チームで取り組む認知症ケア(認知症ケアチームとは;認知症ケアチームの活動の実際)
3 身体疾患を有する認知症の患者のケアの手引き(認知症の基礎知識;主な4つのタイプの認知症の症状と看護;認知症による生活障害に対する標準看護計画;認知症の人の行動・心理症状(BPSD)に対するケアと看護計画
せん妄に対するケア
身体的拘束の廃止・解除のための取り組み
薬物の適正使用)
資料(一般医療機関における認知症対応のための院内体制整備の手引き;かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン(第2版)
認知症対応のために役立つ主なガイドライン等)

著者紹介

鈴木みずえ[スズキミズエ]
浜松医科大学医学部看護学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)