看護倫理を教える・学ぶ―倫理教育の視点と方法

個数:

看護倫理を教える・学ぶ―倫理教育の視点と方法

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 272p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784818013735
  • NDC分類 492.9

内容説明

看護倫理をどのように教え・いかに学んでいくか、あなたに指針を与えてくれる最新最適テキスト。

目次

第1部 序論と背景(臨床倫理における歴史、社会的倫理、宗教への序;看護における倫理:歴史的展望;社会的倫理,専門職,社会)
第2部 倫理の理論(原則の倫理;徳の倫理;ケアの倫理)
第3部 倫理を教える(看護倫理の教育概説;看護倫理の教育:倫理的能力の促進;世界のさまざまな倫理的問題と看護;日本における看護倫理の教育)
第4部 看護倫理の将来(国際的展望;看護倫理教育の将来)

著者紹介

デーヴィス,アン・J.[デーヴィス,アンJ.][Davis,Anne J.]
34年にわたるカリフォルニア大学サンフランシスコ校在任中に、看護倫理を教え、医療倫理審査会、研究倫理審査会で委員を務め、また、地域のホスピスの倫理委員会を発足させた。カリフォルニア州看護師協会会長およびアメリカ看護師協会(ANA)の倫理委員会委員長を歴任し、大学院生の研究を指導した。これまでの訪問国は120か国に及び、中東、ヨーロッパ、アフリカ、インド、中国で教育・研究を指導し、長野県看護大学では6年間、看護学の教授を務めた。研究領域はエンドオブライフ(終末期)の倫理と国際看護における倫理。エモリー大学から名誉博士号を、ANAから第1回人権賞を授与されている

Tschudin,Verena[TSCHUDIN,VERENA][Tschudin,Verena]
1970年代後半にカウンセラーとしての教育を受けた結果倫理に関心をもつようになり、Nursing Ethics誌の発行当初からその編集に携わってきた。英国サリー大学国際看護倫理センター(ICNE)が授与する人権と看護の賞の選考委員である

Raeve,Louise de[RAEVE,LOUISE DE][Raeve,Louise de]
1970年代初めに哲学の学位を取得する一方、一般的看護トレーニングを始め、医療倫理の発展に伴い、それについて研究を進め、1991年スワンシーのウェールズ大学マクミラン看護倫理講座に教職を得るに至った。近年、卒後上級臨床実践コースで修士課程の指導にあたり、臨床管理技術を教授している

小西恵美子[コニシエミコ]
佐久大学看護学部教授。長野県出身。東京大学医学部衛生看護学科卒業。東京大学医学博士。長野県看護大学教授、大分県立看護科学大学教授を経て、2008年より現職。日本看護倫理学会理事、日本生命倫理学会評議員

和泉成子[イズミシゲコ]
Oregon Health & Science Universityポストドクトラルフェロー。兵庫県出身。千葉大学看護学部卒業。The Catholic University of America看護学修士、Oregon Health & Science University,PhD。兵庫県立看護大学助手、福岡県立大学助教授、Linfield College非常勤講師を経て、2007年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)