• ポイントキャンペーン

アウトカム・マネジメント―科学的ヘルスケア改善システムの臨床実践への応用

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 311p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784818009868
  • NDC分類 498.16

内容説明

ケアの質を科学的な方法(システム)に基づいて改善する“アウトカム・マネジメント”に必要な知識と情報をすべて網羅。2001年「アメリカン・ジャーナル・オブ・ナーシング」(AJN)誌の“ブック・オブ・ザ・イヤー賞”を受賞した名著。本書は、アウトカム・マネジメントを開始するに当たって直面するさまざまな問題について、実践的で、分かりやすく、効果的な解決策を提示します!患者の健康、QOL、満足度の改善に焦点を当てた豊富な提案が、アウトカム・マネジメントの世界を理解させます。また、アウトカム・マネジメントは、合併症予防、病気の再発予防、医療費用の軽減、在院期間の短縮を計ることも狙いとしています。

目次

第1部 アウトカムの測定と管理を開始する(アウトカム・マネジメント入門;環境評価―効果的変化を調和の中に生み出す;プロジェクトのリーダーシップ ほか)
第2部 プロジェクトに欠かせないツール―アウトカム改善に向けた変化を起こすために(アウトカム研究の方法論;アウトカム・マネジメントのためのケア標準化ツール;質改善とITSのアウトカム・マネジメントとの連動 ほか)
第3部 将来の展望―補い合う次のステップ(長期的アウトカムの測定と管理;疾病管理―アウトカムを基盤としたケアの連続体;アウトカム志向の文化を創る―最前線を後方から導く)

著者紹介

ワジナー,アン・W.[ワジナー,アンW.][Wojner,Anne W.]
1956年ワシントンDC生まれ。テキサス大学看護学部修士課程修了。テキサス・ウイメンズ大学看護学部博士課程修了。クリニカル・ナース・スペシャリスト。神経科学およびトラウマ蘇生を中心とした救急ケアおよびクリティカルケアのエキスパート。2000年にはアメリカクリティカルケア看護師協会の会長、1997~2000年には米国食品医薬品局の脳神経治療装具承認委員会委員。現在、アメリカ質フォーラム実行委員会委員、およびアメリカ看護師協会全国ケア標準および実践ガイドライン委員会委員、「アメリカン・ジャーナル・オブ・ナーシング」誌編集委員などを務めている。1999年にジョン・マクガバーン優秀教育者賞を、また、ハリス郡医療協会臨床優秀賞を受賞、1993年シグマ・シータ・タウZeta Pi支部コミュニティサービス賞受賞、1994年テキサス州看護師協会ナース・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。本書『アウトカム・マネジメント』は、2001年AJNブック・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。現在、ヘルスアウトカムズ研究所所長、およびテキサス大学ヒューストン校医学部神経科/脳神経科学クリティカルケア専攻助教授

井部俊子[イベトシコ]
1947年新潟県生まれ。聖路加看護大学卒業。同大学院博士課程修了。看護学博士。聖路加国際病院、日本赤十字看護大学勤務後、93年より聖路加国際病院副院長・看護部長。この間、日本看護協会副会長、同監事を歴任

卓真佐子[ハヤノマサコ]
1951年大分県生まれ。青山学院大学文学部英米文学科卒。コネティカット大学、イリノイ大学留学。児童文学・日本美術の翻訳者、短大講師(児童文学、看護英語)、翻訳専門学校講師を経て、1994年より米国シアトルで看護セミナーの企画・通訳、看護関連の翻訳、取材執筆などを中心に活躍。現在、インターナース社代表