基礎からわかる妊婦・授乳婦のくすりと服薬指導

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 311p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784816359750
  • NDC分類 499.1
  • Cコード C3047

内容説明

治療・予防・検査によく使われる薬をていねいに解説!疾患別に病態、症状、治療法、よく使う薬の妊婦・授乳婦への影響、「使用可能な薬」「推奨しない薬」がわかる!

目次

妊婦・授乳婦と薬
第1章 治療・予防・検査によく使用される薬の妊婦・授乳婦への影響(感染症;アレルギー;循環器疾患;消化器疾患;腎・泌尿器疾患;代謝・内分泌疾患;脳・神経・精神疾患;整形外科;耳鼻咽喉科疾患;歯科疾患;検査・処置;一般薬、サプリメント)
第2章 服薬指導と投薬時の指針

著者等紹介

山中美智子[ヤマナカミチコ]
聖路加国際病院女性総合診療部医長、遺伝診療部長。聖路加産科クリニック所長

酒見智子[サカミトモコ]
聖路加国際病院附属クリニック。聖路加メディローカス女性診療科科長

刈込博[カリコミヒロシ]
聖路加国際病院薬剤部アシスタントマネジャー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。