戦う身体をつくる アスリートの食事と栄養

個数:

戦う身体をつくる アスリートの食事と栄養

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784816343230
  • NDC分類 780.19
  • Cコード C2075

内容説明

スポーツ栄養の基本、それぞれの栄養素の働き、コンディション別の食事、具体的なレシピ等をわかりやすく、見やすく解説!少年期における注意点も充実。

目次

特集 『食』がスポーツのからだをつくる
1 これだけは知っておきたいスポーツ栄養の基本
2 からだを中からととのえる栄養素の働き
3 競技特性と目的別栄養と食事のとり方
4 スポーツ選手のからだづくりベストウエイトコントロール法
5 トレーニング期、試合期、オフ期スケジュール別の食事法
6 応用自由自在!毎日の食事基本レシピ
7 ポイントをつかめ!外食・市販食品の賢い選び方、食べ方

著者等紹介

田口素子[タグチモトコ]
日本女子体育大学講師、日本スポーツ栄養研究会会長、管理栄養士、健康運動指導士。大妻女子大学食物学科卒業。日本女子体育大学大学院スポーツ科学科修了。明治製菓(株)健康産業事業部、(株)ワコール女子陸上競技部専属栄養士、国立健康・栄養研究所健康増進部協力研究員、国立スポーツ科学センタースポーツ医学研究部研究員を経て現職。専門分野はスポーツ栄養学。バルセロナオリンピックでは陸上競技選手団に専属栄養士として帯同。ジュニアからトップレベルまでスポーツ選手および指導者に対する栄養指導経験多数。2003年日本栄養改善学会奨励賞受賞

辰田和佳子[タツタワカコ]
国立スポーツ科学センタースポーツ医学研究部研究員。管理栄養士。健康運動指導士。山脇短期大学卒業。日本女子大学家政学部通信教育課程食物学科卒業。日本女子体育大学大学院スポーツ科学科修了。短期大学助手、専門学校講師などを経て現職

長坂聡子[ナガサカサトコ]
日本女子体育大学大学院スポーツ科学科在籍中。管理栄養士。健康運動指導士。和洋女子大学家政学部健康栄養学科卒業。病院栄養士を経て現職。スポーツする子どもの食育について研究中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

スポーツ選手が必要な栄養に関する知識をまとめた一冊。競技者本人、またその保護者にも読んでもらいたい本です。スポーツ栄養の基本、それぞれの栄養素の働き、食事の取り方、トレーニング時期、試合時期、減量期といったコンディショニングの違いによる食事等をわかりやすく解説しています。また、具体的なレシピも含まれる栄養素とともにカラー写真で紹介しています。少年期の注意点も豊富に掲載。