環境形成と農業―新しい農業政策の理念を求めて

個数:

環境形成と農業―新しい農業政策の理念を求めて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 202p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784812205341
  • NDC分類 611.1
  • Cコード C3061

内容説明

現代日本の農業政策は環境の世紀にふさわしいだろうか?戦後から現在までつづく農業政策を見直すことで日本農業のあり方、そして将来を考える。

目次

第1部 食料と環境(食料自給率とは何か?―背景にある政治的意図と構造;食料をめぐる貿易政策―何のための自由化阻止か?;食生活の変化と農業政策―洋風化はいかにして? ほか)
第2部 食料生産の国内基盤(食料生産基盤としての農家と農村―「むら」を構成する農家;「むら」社会のエートス―官僚主導型農業構造の基盤)
第3部 官僚主導型農業構造(農業協同組合は何のために?―官僚主導型農業構造の一翼;農業構造の骨格としての食糧管理法―なぜ53年もつづいたのか?;コメの自由化と農業構造の揺らぎ―関税率490パーセントの怪? ほか)
よりよい環境形成のため農業はどうあるべきか?

著者等紹介

柏久[カシワヒサシ]
京都大学地球環境学堂助教授。1947年生まれ。1971年京都大学農学部農林経済学科卒業。1975年京都大学大学院農学研究科博士課程中退、同年京都大学農学部助手、その後講師を経て現職。1985年京都大学農学博士。専門は環境農学原論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。