日本農業―分析と提言〈前編〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784811902418
  • NDC分類 612.1
  • Cコード C0033

出版社内容情報

本書は、1994年~2003年の農業情報研究所で次年度の農業・農政展望を報告、講演を行なったものをまとめたもの。農業・農政と展望、2002年の農業・農政と展望、日本農業再生の基本課題、「食管制度改革の方向」提言について、など7編を収録。

第1章 農業・農政を展望する(2003.1.1)
1.「消費者に軸足を移す農政」とは?
2.「生産者優先、消費者軽視の農政」だという認識が問題
3.「生産費・所得補償方式」の米価を考える
4.最劣等地で労賃の評価替えしたら高米価のはず
5.「生産者優先」はあり得なかった
6.WTO農業交渉で主張している方針を貫くこと
7.工業優先、農業軽視の方向に動きだした中国
8.「米政策再構築の基本方向」は対外的主張と大きなギャップ
9.「効率的かつ安定的な経営体」は矛盾した概念
10.大型の経営体がふえる展望は暗い
12.NIRA提言の妄説
13.理解できない株式会社の農業参入論
14.食料の安定供給の保障はどこへ行ったのか

第2章 2002年の農業・農政の課題(2002.1.1)
―充実した価格・所得政策の再構築が急務
1.アメリカ、2001年農業法案の波紋
2.稲作経営安定対策(経営所得安定対策)の行方
3.基準価格を変えるというが
4.豊作への対処は、「生産者団体の調整保管」で
5.備蓄米が価格形成に影響
6.生産調整をネガからポジに変えること
7.自給力強化の観点からみた生産調整政策
8.高単ぼつかない
8.WTO交渉―「基本計画」実現にはWTO協定の改定が不可欠
9.不可解な中国のアメリカヘの譲歩
10.ミニマム・アクセス米の問題点
11.農地法の改正・株式会社への門戸開放
12.認定農家に限定しての所得政策とは?

第4章 2000年の農政展望(2000.1.1)
―新農基法が、未来への架け橋になるか
1.日本農業再建は可能か
2.「食料需給の見通し」での「新農政」の警鐘
3.農水産省の機構改革に注目
4.苦労した浜頓別・池田牧場
5.酪農には、牛・草・土の総合化が必要
6.持続型農業の確立には時間がかかる
7.大経営では単収が落ちる持続型農業
8.エサ米と麦・大豆の本作化を評価
9.米、麦、大豆などの所得バランスが鍵
10.集落営農が前提
11.集落営農の確立と農政
12.不足払い政策とWTOへの政府の態度

第5章 食料・農業・農村基本問題調査会の「中間取りまとめ」について(1998.3.1)
1.「はじめに」を読んで――甘い事態認識
2.農業の役割の基本的視点は評価できるが
3.食料の安定供給には、平常時と異常時とを区別すべき
4.高齢化社会の食料需給への影響を
5谷型山村に焦点を

第6章 日本農業再生の基本課題(1997.1.1)
1.いささかお粗末・「基本法研究会」の報告
2.資本の要請は「農業労働力動員」
3.総兼業化は、労働市場のあり方
4.地価問題の対応策がなかった
5.農地法をテコに土地利用を規制すべきだった
6.旧地主への補償問題で対応遅れた農地行政
7.総生産拡大に消極的な研究会報告
8.混牧林活用のための利用権設定を
9.基礎的食料自給率アップ政策を
10.米価政策=所得政策は間違い、歪められた地代の算定
11.統制小作料なしでもおかしくした地代算定
12.農政の基本目標は食料の安定供給に
13.ウルグアイ・ラウンドで出した食料安保のステートメント
14.高能率・高生産よりも持続型農業への転換を
15.企業型経営より、家族型経営を
16.自立経営とは質的に違う「経営体」概念
17.集落営農組織でバックアップ
18.基礎的食料の自給目標を確立する
19.経済白書が米増産を強調したとき
20.WTOへの対応の明示を
21.農産物の輸入自由化政策への批判を

第7章 「食管制度改革の方向」提言について(1994.9.1)
1.形骸化した食管法に

内容説明

本書は、農業情報研究所、協同農業研究会、食料・農業政策研究センター、農林中金総合研究所の研究会で私が行った11編の報告と、鹿児島県農業・農村振興会での講演および協同農業研究会会報へのかなり長い投稿論文で構成されている。

目次

第1章 農業・農政を展望する(2003.1.1)
第2章 2002年の農業・農政の課題(2002.1.1)―充実した価格・所得政策の再構築が急務
第3章 21世紀を迎えて日本農業・農村を展望する(2001.1.1)―老齢化・耕地減など「暗」の要因への対処
第4章 2000年の農政展望(2000.1.1)―新農基法は、未来への架け橋になるか
第5章 食料・農業・農村基本問題調査会の「中間取りまとめ」について(1998.3.1)
第6章 日本農業再生の基本課題(1997.1.1)
第7章 「食管制度改革の方向」提言について(1994.9.1)

著者等紹介

梶井功[カジイイソシ]
1926年、新潟県生まれ。東京大学農学部農業経済学科卒業。東京農工大学前学長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。