経済統計論争の潮流―経済データをめぐる10大争点

個数:
  • ポイントキャンペーン

経済統計論争の潮流―経済データをめぐる10大争点

  • 谷沢 弘毅【著】
  • 価格 ¥2,860(本体¥2,600)
  • 多賀出版(1999/09発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)
  • ポイント 130pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 184p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784811555515
  • NDC分類 331.19
  • Cコード C1033

内容説明

本書ではここ10数年来(場合によっては戦前より)議論されている10のテーマを取り上げた。これらのテーマ選定が、はたして適切なものであったかどうかは、読者の判断にまかせる以外にはない。ただし、筆者はかって、ある高名な日本経済史家から「世の中に経済論争と呼ばれるものは数多くあるが、そのなかで本当に重要な論争は“日本資本主義論争”といったように必ず普通名詞が付けられている。反対に、論争当事者の名前が付いたものは、その大半が不毛の個人攻撃にすぎない」というお話を聞いたことがある。この基準に照らして考えると、本書で取り上げた論争類は普通名詞で呼ばれることが多く、ある程度は妥当な選択であったと自負している。

目次

第1章 人口転換論争―経済発展は人口爆発を抑制できるか?
第2章 失業率論争―日本の失業率はかつて本当に低かったのか?
第3章 逆U字型仮説の検証作業―貧富の差は経済発展で解消できるか?
第4章 所得税捕捉論争―所得税は適正に徴収されているか?
第5章 消費支出論争―消費統計から景気動向を把握できるか?
第6章 消費者物価指数論争―物価指数は価格破壊を反映していないか?
第7章 家計貯蓄率論争―ミクロ統計とマクロ統計はなぜ乖離するのか?
第8章 公共投資統計をめぐる諸問題―公共投資データは帯に短し襷に長し?
第9章 経常収支の多国間不突合問題―黒字と赤字の境界線は明確か?
第10章 進化しつづけるSNA統計―SNA統計は「豊かさ」の代理指標たりえるか?