新看護観察のキーポイントシリーズ<br> 急性期・周手術期〈1〉

個数:

新看護観察のキーポイントシリーズ
急性期・周手術期〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年04月26日 11時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 352p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784805834015
  • NDC分類 492.94

内容説明

「看護は観察で始まり観察で終わる」しかし臨床の現場で、いったい何を、どのように観察したらよいのでしょう。そして、観察したことを、いかに看護ケアに結びつけたらよいのでしょう。科学的知識と経験によって裏打ちされた看護観察の知識と技術の集大成。

目次

1 緊急来診患者の観察
2 夜勤と観察
3 術前患者の観察
4 手術室の患者の観察
5 手術患者の家族の観察
6 術後患者の観察
7 痛みのある患者の観察
8 起こりやすい術後合併症の観察
9 ハイリスク患者の観察
10 高齢患者の観察
11 ターミナル患者の観察

著者紹介

富田幾枝[トミタイクエ]
元岡山大学医学部保健学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)