こころの病を生きる―統合失調症患者と精神科医師の往復書簡

個数:

こころの病を生きる―統合失調症患者と精神科医師の往復書簡

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784805826188
  • NDC分類 493.76

目次

ぼくの病気―「脳の病気」ではなく、「こころの病気」であることは明らかです
提案―お互いに文章をやりとりしませんか。「往復書簡」にしましょう
孤独―寂しかったです。世界中でぼくが一番不幸だと感じていました
危機のなか―私にとっては、その夢こそが統合失調症理解の原点です
発病―恐竜の骨や悪魔が出てきて、朝方ぼくは悪魔の子を出産しました
こころ―統合失調症になっても変わらぬものが精神の内側にあります
癒し―孤独が病を促進させるとしたら、癒しは病からの回復を促します
出立の病―「誰にも頼らずに生きようとしている姿」をみてしまいます
入院―医者は患者の理性に働きかける「誠意」を処方すべきだと思います
甘え―この要素がなければ人とのつながりを回復することは不可能です〔ほか〕

著者紹介

佐野卓志[サノタカシ]
1954年生まれ。20歳のとき(北里大学医学部2回生)、統合失調症を発病。中退。入院中、福岡工業大学入学、卒業。卒業後、電気部品会社に入社するが、1年半で退社。その後、肉体労働から水商売まで、さまざまなアルバイトをする。30歳のとき、コンピューターの仕事が原因で再発。半年入院。1989年、仲間とともに無認可小規模作業所ムゲンを設立。2004年、精神保健福祉士国家試験に合格。日本精神保健福祉士協会に入会。妻と中学生の子どもとの3人暮らし。ルーテル作業センタームゲン指導員

三好典彦[ミヨシノリヒコ]
1957年生まれ。1982年愛媛大学医学部卒業。同年、愛媛大学医学部附属病院研修医(精神医学教室)。1985年から、大阪府の単科精神科病院に勤務。1989年に三好神経内科医院を父親から継承、現在にいたる