看護観察のキーポイントシリーズ
成人内科〈2〉内分泌疾患/呼吸器疾患/循環器疾患

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 388p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784805823521
  • NDC分類 492.93
  • Cコード C3047

内容説明

「看護は観察で始まり観察で終わる」とはよくいわれる言葉です。しかし臨床の現場で、いったい何を、どのように観察したらよいのでしょう。そして、観察したことをどうアセスメントし、いかに対処したらよいのでしょう。科学的知識と経験によって裏打ちされたベテランナースがあなたに贈る看護観察の知識と技術の集大成。

目次

5 内分泌疾患をもつ患者の観察(検査と観察;疾患の病態生理と観察)
6 呼吸器疾患をもつ患者の観察(検査と観察;疾患の病態生理と観察;症状と観察;肺理学療法とその観察)
7 循環器疾患をもつ患者の観察(検査と観察;疾患の病態生理と観察;症状と観察)

著者等紹介

宮崎和子[ミヤザキカズコ]
1949年、日本赤十字社香川支部救護看護婦養成所卒業。1957年、法政大学法学部卒業。1996年、東洋大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)。佼成病院内科病棟婦長、千葉大学教育学部助教授、神奈川県立衛生短期大学教授を経て、千葉県立衛生短期大学教授。1995年退官

千田敏恵[チダトシエ]
1960年、山口赤十字高等看護学院卒業。東京都立大久保病院、東京都立公衆衛生看護学院、神奈川県立病院付属看護専門学校、神奈川県立厚木病院、神奈川県立がんセンターなどを経て、現在、精神科看護師の卒後教育に従事中

小野寺綾子[オノデラアヤコ]
1967年、神奈川県立長浜看護学院卒業。神奈川県立厚木病院、北里大学病院、北里大学相模原看護学院、神奈川県立足柄上病院、神奈川県立看護教育大学校等を経て、2002年4月より神奈川県立がんセンター看護部長。日本がん看護学会評議員。日本看護技術学会評議員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。