日本比較法研究所研究叢書<br> 国際仲裁と国際取引法

個数:

日本比較法研究所研究叢書
国際仲裁と国際取引法

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 515p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784805705483
  • NDC分類 329.87
  • Cコード C3332

内容説明

国際仲裁はこれまで一般に国際取引紛争の原則的な解決方法とされてきたが、本書は、国際仲裁をとおして国際取引法の世界を眺めたものである。国際仲裁においては国際取引紛争がいかなる実体法的な判断基準に基づいて処理されるのかという問題について、仲裁判断・学説・判例・立法の最近の動向を明らかにし、国際仲裁に対する国家(国家裁判所)のスタンスがいかにあるべきかという問題について、フランスの判例・学説・立法を紹介し検討することにより、フランスの極めてリベラルな姿勢を明らかにし、その意義を示唆した。

目次

第1部 序論に代えて(国際取引紛争の解決方法に関する覚書;仲裁の国際性の基準)
第2部 国際仲裁における実体法的判断基準(国際取引法におけるlex mercatoriaの理論;lex mercatoriaに関する若干の問題;近時のICC(国際商業会議所)仲裁判断の概観的考察 ほか)
第3部 国際仲裁と国家裁判所(国際仲裁合意に関する牴触法的アプローチの放棄;国際仲裁手続に関する牴触法的アプローチの放棄;常設仲裁機関の決定をめぐる若干の法律問題 ほか)