きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける―「言葉の仕組み」と「助詞の使い方」がわかれば

個数:
電子版価格 ¥912
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける―「言葉の仕組み」と「助詞の使い方」がわかれば

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月12日 23時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784799102435
  • NDC分類 816
  • Cコード C0030

内容説明

ベテラン校閲記者が教える、楽しく学べる書き方の基本。「正確に書いたつもりなのに、間違った文になっている」「気づかないうちに、おかしな表現になっている」など、伝わらない、読みづらい、不自然な文章の原因もすっきり解消。文章力アップに役立つ47のルール。

目次

第1章 言葉や文を正しく対応させる(主語が二つ以上の述語を持たないように;主語を並べすぎてはいけない ほか)
第2章 分かりやすく、読みやすい文章の特徴(書き出しに前置きを書かない;関係性を分かりやすく ほか)
第3章 「てにをは」を正しく使って書こう(「は」は必ずしも主語を表さない;主語を表す「が」と「は」 ほか)
第4章 日本語の正しい書き方を覚える(「こそあど」とは;「書き言葉」と「話し言葉」 ほか)

著者等紹介

前田安正[マエダヤスマサ]
朝日新聞東京本社編成局校閲センター長。1955年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学卒業。1982年朝日新聞社入社。東京本社校閲部、整理部、校閲部次長、名古屋編集センター長補佐、東京本社校閲センターマネジャー代理、大阪本社校閲センターマネジャー、編集担当補佐兼用語幹事を経て現職。常用漢字に関する特集記事などを担当。2013年4月から、日曜朝刊教育面に「漢話字典」を連載中。朝日カルチャーセンター立川教室で、文章講座「声に出して書くエッセイ」を担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。