対人援助の現場で使える聴く・伝える・共感する技術便利帖

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり

対人援助の現場で使える聴く・伝える・共感する技術便利帖

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年08月21日 13時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798152554
  • NDC分類 369.1
  • Cコード C3036

内容説明

本書は、介護・福祉・医療・看護業界で働く専門職や、その他さまざまな現場で、さまざまな人の相談にのる方のため、仕事にすぐに役立つ「傾聴の技術・伝える技術・共感の技術」をやさしく解説する。「スムーズな信頼関係の土台を築くテクニック」は、対人援助職にとって大変重要なスキル。専門知識や技術だけに頼らず、心理学に基づいたコミュニケーションテクニックを知っていただき、それぞれの現場で活用してください。

目次

第1章 対人援助職としてのコミュニケーション力を高めよう(対人援助の専門家としてのコミュニケーション;援助職として大切にしたいこと“マインド” ほか)
第2章 聴き上手になる技術(「聴く力チェックリスト」;質問の言い換え ほか)
第3章 伝え上手になる技術(「伝える力チェックリスト」)
第4章 共感上手になる技術(「共感する力チェックリスト」;肯定的な意味を見出すリフレーミング)
第5章 押さえておきたい援助職のヒューマンスキル(面接でのコミュニケーション技法;心の問題を抱えている人へのカウンセリング ほか)

著者等紹介

大谷佳子[オオヤヨシコ]
Eastern Illinois University,Honors Program心理学科卒業、Columbia University,Teachers College教育心理学修士課程修了。現在、昭和大学保健医療学部講師。認定看護管理者制度ファーストレベル教育課程、及びサードレベル教育課程講師。認知症介護実践リーダー研修講師。介護相談員養成研修講師。その他、医療、福祉、教育の現場の援助職を対象に、コミュニケーション研修及びコーチング研修、スーパービジョン研修などを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

専門職が押さえておきたい

心理学に基づいた、信頼されるテクニック!



主に介護・福祉・医療・看護業界で働く専門職や

その他さまざまな現場で、さまざまな人の相談にのる方のため、

仕事にすぐに役立つ「傾聴の技術・話す技術・共感の技術」を

やさしく解説する本です。



ソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)、

スクールソーシャルワーカー、児童指導員、児童相談員、

医療・看護職、生活相談員、介護職、ケアマネジャー、

自治体の福祉課職員、士業やカウンセラーの方など。

新人はもちろん、スキルアップしたいベテランも!



【本書のポイント】

・心理学をベースとした、傾聴・対話・共感の技術をやさしく解説

・心理学用語からも引ける

・「自分はこれをできているか」のチェックリストや演習もご用意

・演習シートはWebにてダウンロード提供



【著者について】大谷佳子

Eastern Illinois University