図解でわかる依存症のカラクリ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 191p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798029177
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C2047

内容説明

なぜ、分かっているのにやめられないのか?脳がうっかりハマる依存症共通のメカニズムを専門医が解く。眺めて、読んで、ハッと気づくセルフカウンセリング本。

目次

第1章 依存症とは?(依存症とは―行動や思考のコントロール障害;依存の種類―さまざまな依存症 ほか)
第2章 二重洗脳のメカニズム(思いがけない思い込み―自分を見失うとき;思いがけない思い込み―脳の弱点 ほか)
第3章 渇望の構造(渇望の源―脳とコンピュータ;渇望の源―鳥なのか魚なのか ほか)
第4章 実践編 さまざまな依存症の本質(アルコール依存症―長い道のりのはてに;アルコール依存症―脳の変化と心の相互作用で依存が進む ほか)
第5章 回復への手がかり(欲求の源―止めても大丈夫なのか?;神経の回復には―神経の回復にかかる時間は? ほか)

著者紹介

磯村毅[イソムラタケシ]
名古屋大学医学部卒、同大大学院卒後、テキサス大学医学部研究員として癌と老化の遺伝子研究に従事。研究は頓挫し、失意のうちに帰国。名鉄病院にて呼吸器科医として再スタートをきる。そこで出会った村手部長の指導のもと、禁煙支援に取り組み、子どものための禁煙外来を開設した。河合塾との「禁煙で合格率アップ」の取り組みを通じ、「リセット禁煙」を開発。現在は、トヨタ記念病院禁煙外来、熱田クリニック思春期外来・思春期禁煙外来、トヨタ自動車診療所医師を兼務するかたわら、リセット禁煙研究会・予防医療研究所代表、子供からタバコから守る会・愛知世話人、ゆるーい思春期ネットワーク代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)