ソフトバンク新書
知的思考力の本質

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 214p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797352535
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0295

内容説明

知的思考力の本質は、哲学と物理学に通じる。一般的には縁遠く避けて通られがちな両学問が、なぜ「本質」なのか?それは人間、生命、宇宙など、物事の根源を追求する思考力を養うからである。これを論じ合うのは、哲学・物理学とホラーを融合した野心的小説を世に問う作家・鈴木光司と、物理学・科学哲学の賢人であるサイエンスライター・竹内薫。盟友による議論は、われわれの物事の見方、考え方を根底から変え、人生や仕事において問題解決を導く知的思考力の真髄に導く。

目次

第1章 知的思考力の源は「哲学」「科学」にある(日本には哲学が根づいていない;どう問い、どう答えるか;重要なのは脳か?肉体か;モノとコト;西洋と日本は哲学が違う;「男性的」「女性的」の対比で考える;なぜ対立する概念はふたつなのか)
第2章 知的崩壊のススメ(ふたつの脳;対立概念を意識し客観的視点を得る;モノからコトへ;実在と実証のバランス;知的思考には肉体感覚が必要;「身体」の経験値で「感覚」を養っていく;「崩壊感覚=知的ショック」が勉強の本質;崩壊と再構築の経験が大切;世界に通じる骨格を形成する)
第3章 物事の根本を突き詰め解決を導く(突き詰めて考えるとどこへ行き着くか;反対概念を突き詰める;小説に秘められた宇宙論;本当は楽しい物理学;作家鈴木光司の出発点;作家という仕事;鎖国状態で生きる人、積極的につながりを求める人)
第4章 イメージとフィードバックが思考力を育てる(学校の先生は科学音痴?;理屈を考えずに屁理屈を言わない;失敗からのフィードバックは学習の本質;戦時下から続く日本人の学び下手;前例主義では勝てない;物理帝国の凋落;多様性が求められる受験制度;結果をイメージできるか;勉強の仕方は自分で考える;雑務は誰のため?;無駄をなくすにはどうしたらいいか;なぜ学校へ行くのか?)
第5章 世界の仕組みを理解する(トップダウンとボトムアップ;絶妙なバランス力が問題解決につながる;対立概念の折り合いをつける;偏すれば、いずれシフトする;起源の不可思議;自分で自分を観る;コンピューターに意識が生まれるか;限界の先に広がる世界;知性の探求に終わりはない;セロトニン派とアドレナリン派;ギャラリーあいると奮い立つ人、怖じ気づく人;映画界に見る日本人の性分;不確定であるがゆえの報酬;世界と渡り合うためには)

著者等紹介

鈴木光司[スズキコウジ]
1957年、静岡県浜松市生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒。90年、デビュー作の『楽園』(新潮社)が日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。その後、一大ホラーブームを巻き起こす。著作は世界20カ国語に翻訳されている。また、“文壇最強の子育てパパ”の異名の通り、二人の娘を育て上げた経験から、政府の諮問機関「少子化への対応を推進する国民会議」や東京都青少年問題協議会の委員などを歴任。作家になる前、塾の講師や家庭教師をして子どもたちに勉強を教えた経験もある

竹内薫[タケウチカオル]
1960年、東京都生まれ。サイエンスライター。東京大学教養学部教養学科、同理学部物理学科卒。マギル大学大学院修了。Ph.D.(理学博士)。専攻は科学史・科学哲学と高エネルギー物理学。科学書、新聞・雑誌のコラム、書評、テレビやラジオなど、幅広く科学の啓蒙活動を展開。主な出演番組に、国際エミー賞にノミネートされた『たけしのコマ大数学科』(フジテレビ系)、『JAM THE WORLD』(J‐WAVE)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

知的思考力の源を解き明かす!
哲学と物理学に精通する賢人の議論が、物事の見方・考え方を根底から変える。

知的思考力の本質は、哲学と物理学に通じる。一般的には縁遠く避けて通られがちな両学問が、なぜ「本質」なのか?それは人間、生命、宇宙など、物事の根源を追求する思考力を養うからである。これを論じ合うのは、哲学・物理学とホラーを融合した野心的小説を世に問う作家・鈴木光司と、物理学・科学哲学の賢人であるサイエンスライター・竹内薫。盟友による議論は、われわれの物事の見方、考え方を根底から変える。そして、人生や仕事において問題解決を導く知的思考力の真髄を導く。

◎「常識を疑い固定観念の壁を崩す」
◎「普段の生活にはない特有の概念を知る」
◎「仮説・検証・立証の論理的段取り」
◎「反証可能性の大前提」

物事の本質的な洞察に通じるさまざまな科学・哲学のエピソードをテコにして、柔軟な「思考力」の基礎を養ってもらうのが本書の目的となる。固定的で狭い思考に陥りがちな日本人には、より流動的で幅広い思考法とのバランスを身につける必要がある。物理学と哲学の間にある、実社会で大いに役立つ思考法の本質に触れることで、良質の"知的ショック"を促す。