神奈川大学法学研究所叢書<br> 親権と子の利益

個数:

神奈川大学法学研究所叢書
親権と子の利益

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 343,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784797255805
  • NDC分類 324.64
  • Cコード C3332

内容説明

離婚後の片親のみへの単独親権の原則のもと、親権をもたない親は事実上親たる地位を否定されている。しかし、現状は親の当然の義務として、その親は養育費を負担せねばならず、また逆に、親権者は非親権者の子への面接交渉を拒めずにいる。そのような紛争原因となり得る状況の打開策として、真に子の利益となる親の一般的権利義務を提唱する。

目次

1 親権と子の利益(親の権利と子の利益;日本の親権法を考える)
2 離婚後の子の養育費の確保(イギリス児童扶養法;わが国における離婚後の子の養育費の確保)
3 「子のための」養子法
4 子の虐待と法(一九八九年イギリス児童法;被虐待児童の児童養護施設への入所(家事審判例紹介))

著者等紹介

川田昇[カワダノボル]
1942年桐生市に生まれる。1965年東京教育大学文学部法律政治学専攻卒業。1972年同大学院博士課程単位取得中退。1998年博士(法学)。第10回尾中郁夫家族法学術賞受賞。現職、神奈川大学法学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。