太陽の汗、月の涙―ラテンアメリカから問う (増補版)

個数:

太陽の汗、月の涙―ラテンアメリカから問う (増補版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784795401495
  • NDC分類 302.55
  • Cコード C0031

内容説明

金は太陽の汗、銀は月の涙。ラテンアメリカの社会に生きる人びとの中には、現代の私たちが失いかけた人間の真の姿がある。新たに書き下ろしを加え、日本の社会を問う待望の増補版。

目次

1 中南米で考えた(風土に貴賤はあるか;輝く女性たち ほか)
2 中南米で見た(嘆きのタンゴ;亡命者の暗黒 ほか)
3 中南米の日本人(小野田牧場の満天の星;バレエを踊る集団農場 ほか)
4 一〇年の歳月―中南米から問う(復興と自立を目指す元ゲリラ;もう、たくさんだ!―先住民は訴える ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takao

1
1988年12月15日発行(2000年5月15日、増補版第1刷)。2016年7月、著者のFBで紹介され求めた(サイン入り)。購入から2年経ってしまったが、10月8日の著者講演会に向けて読み始めた。1984〜87年の朝日新聞サンパウロ支局長時代の取材に基づいた1980年代の中南米の人々の姿が生き生きと報告されている。15年前発行の増補版末尾にコスタリカのことが紹介されている。チリ・クーデタ、累積債務問題、中米紛争、等々、それなりに中米に関心はあったのだが、コスタリカについては無知に等しかったことに気づいた。2018/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2483923

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。