映画の構造分析―ハリウッド映画で学べる現代思想

個数:

映画の構造分析―ハリウッド映画で学べる現代思想

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794965752
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

内容説明

「エイリアン」「大脱走」「北北西に進路を取れ」などハリウッド映画の物語分析を通じて、ラカン、フーコーら現代思想のエッセンスを伝える、極上知的エンターテイメント。大人なら映画はこう読む。

目次

第1章 映画の構造分析(物語と構造;テクストとしての映画;欠性的徴候;抑圧と分析的知性;「トラウマ」の物語)
第2章 「四人目の会席者」と「第四の壁」
第3章 アメリカン・ミソジニー―女性嫌悪の映画史

著者等紹介

内田樹[ウチダタツル]
1950年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒。東京都立大学大学院博士課程(仏文専攻)中退。東京都立大学人文学部助手を経て、神戸女学院大学文学部教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mm

20
今日読んだ「オクトーバー・物語ロシア革命」が物語とカテゴライズされるわけは、この本の30ページまでにクリアに説明されております。意味の亀裂が物語の始まり。物語を作らずして、物事を理解することは不可能なのです。前に読んだ時より、より腑に落ちたことはいくつかある。何が隠されているかはどちらでもよくて、どのように隠されているか、ミステリーと精神分析で探るところ。フロイトのトラウマと、今使われてるトラウマは意味がちがうじゃん。誰がみているかを操作することで、見事に嵌められるこの素晴らしい罠!2018/05/06

mm

11
るるるん。面白くてスッキリした。ヘッドスパに行くと多分こんな感じで、目の前が明るくなって気持ち良いのでは? さー、ヒッチコックの映画を見るぞ!2015/11/15

teddy11015544

8
本当は再読なのですが、読書メーターを始める前に読んだのでしょう。登録されてませんでした。面白いと記憶していましたが、再読しても刺激的で面白かったです。アメリカのミソジニーの由来、映画になぜ人々の欲望が映り込むのか、などなど。意識や欲望の深層が映り込むので、どんな映画でも、深読みをすると面白くなりそう。さあ本屋にも出かけずに、家にごまんとある昔の内田せんせいの本を少しまとめて読んでみましょうか。いろんな映画も自宅で見るチャンスですし。2020/04/05

ぷぅ

2
幅広い知識を持っていると、一つの事でもいろんな楽しみ方ができるのだなぁと実感。やはり教養って大切だなと。2012/01/17

Hiroyuki Furuya

2
アメリカン・ミソジニー本当に目から鱗が落ちる。 構造が明らかになることで、全然関係のなさそうな部分がつながっている事が分かる。 分かるってことの愉悦を味わえる一冊!2012/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/566684

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。