なぜ福知山線脱線事故は起こったのか

個数:

なぜ福知山線脱線事故は起こったのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月19日 11時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794214287
  • NDC分類 686.7
  • Cコード C0065

内容説明

原因は旧式ATSでも急カーブでもなかった。新聞・テレビではわからなかったことが、本書で明らかに。

目次

プロローグ
転倒脱線事故の概況
福知山線はどのような路線か
207系はどのような電車か
事故は旧式ATSによって防げた
福知山線について報道された三つの間違い
転倒脱線とボルスタレス台車
残された疑問
復旧後に福知山線はどう変わったのか
大手私鉄のATSはどうなっているのか

著者等紹介

川島令三[カワシマリョウゾウ]
1950年、兵庫県生まれ。芦屋高校鉄道研究会、東海大学鉄道研究会を経て「鉄道ピクトリアル」編集部に勤務。現在、鉄道アナリスト、早稲田大学非常勤講師。1986年に刊行された最初の著書『東京圏通勤電車事情大研究』は通勤電車の問題に初めて本格的に取り組んだ試みとして大きな反響を呼び、著者の提起した案ですでに実現されているものがいくつかある。尼崎での事故後、多くの報道番組にコメンテーターとして出演し、解説に当たった
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。