共感覚者の驚くべき日常―形を味わう人、色を聴く人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794211279
  • NDC分類 141.26
  • Cコード C0011

内容説明

ものを食べると、指先に形を感じる。音を聴くと、色が見える―。一〇万人に一人という、この共感覚をもつ人たちは、まったく正常に暮らしており、本人が告白しない限り共感覚者かどうか見分ける方法はない。それどころか、共感覚者は特異な記憶能力を発揮することさえある。また、カンディンスキーやナボコフなど、共感覚のある芸術家も多く、その作品に影響をおよぼしているという。共感覚者の脳のなかでは、いったい何が起きているのだろうか。本書は、共感覚者の脳を研究しはじめた神経科学者が、やがて脳科学最大の謎である「意識」の正体へと迫っていく、たぐいまれな探究の書である。

目次

第1部 ある医学ミステリー(チキンのとがりが足りない―一九八〇年二月十日;裏がえしの世界;神経科医ができあがるまで―一九五七年、地下室で;正しい脳科学入門;「科学的とは思えないな」―一九七七年と一九七八年の冬 ほか)
第2部 情動の重要性についてのエッセイ(人間原理;ランチサービスと想像力;意識は情動の一種;人工知能の限界;さまざまな知 ほか)

著者紹介

シトーウィック,リチャード・E.[シトーウィック,リチャードE.][Cytowic,Richard E.]
米国ニュージャージー州生まれ。医学博士・神経科医師。ロンドン大学付属国立神経科病院で眼科学、神経科学を修め、ジョージ・ワシントン大学神経科の研修医長を経て開業。ワシントンDC在住。共感覚研究の第一人者として知られ、その研究業績が新聞・雑誌で全米に報道されるなど、ひろく一般の興味を引いている。共感覚研究や神経科学の教科書・専門書の著作もある

山下篤子[ヤマシタアツコ]
北海道大学歯学部卒業。翻訳家

出版社内容情報

音が見える、味に触れる――。五感を入り混って感じる共感覚をもつ人達の脳の謎に神経科学者が迫る。