わたしは拒食症だった

個数:

わたしは拒食症だった

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年04月28日 14時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794206794
  • NDC分類 976

内容説明

身長は人並みだったが体重は68キロから26キロのあいだを振り子のように揺れ動き、一日の大半を食べたり吐いたりして過ごしていた。夫の兄と愛人関係にあった情緒不安定な母親、敬愛していた父親の事故死など幼少時の記憶をたどり、13歳から約20年間つづいた拒食症の日々、そして生命の危機に直面したのを機に回復に向かうまでの内面のプロセスが綴られる。早くから大人の役割を強いられ、つねに周囲の思惑を優先して「いい子」を演じるうちに自分を見失い、現実から目をそむけて生きざるをえなかった著者の心の叫びが聞こえてくる、感動を呼ぶ手記。