在日特権と犯罪―未公開警察統計データからその実態を読み解く!

個数:
電子版価格 ¥1,036
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

在日特権と犯罪―未公開警察統計データからその実態を読み解く!

  • 坂東 忠信【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 青林堂(2016/10発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年09月21日 01時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784792605674
  • NDC分類 316.81
  • Cコード C0030

内容説明

凶悪犯罪から生活保護不正受給まで、警察内部でさえ明らかにされていなかった詳細データを一気に公開!

目次

第1章 国際感覚を取り戻せ(振り返れば嘘だらけ;「在日」でさえ感じる疑問 ほか)
第2章 移民国家日本の歴史(「在日」外国人とは?;日清・日露戦争でも植民地にしない? ほか)
第3章 「犯罪特権」と「嫌韓」(外国人犯罪統計資料の大きな落とし穴;「来日」と違う「在日」犯罪の国籍構成 ほか)
おまけの第4章 日本の今後と外国人(このままで突き進むと日本の未来は;今年(平成28(2016)年)マイナンバー制度、始動 ほか)

著者等紹介

坂東忠信[バンドウタダノブ]
元警視庁刑事、通訳捜査官。宮城県生まれ。昭和61年警視庁巡査を拝命後、交番勤務員、機動隊員、刑事、北京語通訳捜査官として新宿、池袋などの警察署、警視庁本部で勤務。中国人犯罪の捜査活動に多く従事。平成15年、勤務18年で警視庁を退職。退職後は作家として執筆、保守論壇に加わっての講演活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。