公共政策としてのマクロ経済政策―財政赤字の発生と制御のメカニズム

個数:

公共政策としてのマクロ経済政策―財政赤字の発生と制御のメカニズム

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 368p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784792341862
  • NDC分類 343
  • Cコード C3033

内容説明

本書は大学院在籍中に纏めた博士論文をベースに、その他の学会発表等の内容も加味して再整理したものである。対象領域は経済学を基本としつつ、政治学、社会学、行政学の一部も関係しており、学際的な内容となっている。

目次

第1章 序論
第2章 財政赤字の概念と経済的意味
第3章 財政赤字如何
第4章 財政赤字と財政過程のアクターの役割
第5章 財政赤字再考
第6章 日本の実証分析
第7章 結語
補論 マクロ経済政策運営の視点

著者等紹介

大塚耕平[オオツカコウヘイ]
1959年愛知県名古屋市生まれ。1983年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。同年日本銀行入行。1997年早稲田大学大学院社会科学研究科(政策科学論専攻)修士課程修了。2000年同博士後期課程修了、博士号取得(学術、専門は財政金融論、行財政改革論)。同年日本銀行(政策委員会室国会渉外課調査役)退職。2001年第19回参議院議員選挙で当選。現在、参議院財政金融委員会理事、予算委員会委員、日本財政学会、地方財政学会、日本公共政策学会、公共選択学会に所属
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。