香川大学法学会叢書<br> 会社支配と社会的利益

個数:
  • ポイントキャンペーン

香川大学法学会叢書
会社支配と社会的利益

  • 市川 兼三【著】
  • 価格 ¥6,050(本体¥5,500)
  • 成文堂(2003/03発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 110pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 277p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784792324131
  • NDC分類 325.24
  • Cコード C3032

目次

第1編 会社支配と社会的利益(八幡製鉄政治献金事件について;政治改革と会社の政治献金;利益供与要求罪の新設と利益供与禁止規定の立法趣旨;コーポレート・ガバナンス―企業活動にとって株主とは何なのか)
第2編 会社支配と株主・債権者の利益(株式相互保有と商法;株主代表訴訟見直し案について;株式会社の合併)
第3編 会社支配と従業員の利益(従業員持株制度と会社支配;従業員持株制度と株式買戻―ワールド事件等を契機として;西ドイツ共同決定法による監査役会の権限;社内預金と商法二九五条)

著者等紹介

市川兼三[イチカワカネゾウ]
1944年徳島県に生まれる。1966年香川大学経済学部卒業。1968年神戸大学大学院法学研究科修士課程修了。香川大学経済学部助手、講師、助教授を経て1981年香川大学法学部助教授。1982年同教授、現在に至る。1996年博士(法学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。