克服できる過食症・拒食症―こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある

個数:

克服できる過食症・拒食症―こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5変判/ページ数 233p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791105731
  • NDC分類 493.74

内容説明

「あきらめたらあかん!過食症・拒食症にかかったことは、自分の本質に気づき、能力を伸ばすチャンス!」。あくまで前向きに、本人の可能性や家族の力を信頼し、治療を進めていくセラピストたち。「両親のみでも治療をスタートできる」という画期的な治療を行ない、重症化した数多くの患者を快方へと向かわせている。新たな治療の可能性を示した、本人、家族、治療関係者必読の書。

目次

第1章 あきらめたらあかん、こんな私でも治るんや!
第2章 過食症・拒食症と家族の関係
第3章 「それでも治らない!」過食衝動との闘い
第4章 立ち直りの工夫と良くなるきざし
第5章 過食症・拒食症から立ち直った淀屋橋の卒業生
第6章 これからの過食症・拒食症の治療

著者紹介

福田俊一[フクダシュンイチ]
1975年大阪大学医学部卒業。大阪大学精神神経科・大阪府立病院神経科で精神医療に取り組む。1981年フィラデルフィア・チャイルド・ガイダンス・クリニック(PCGC)にて家族療法を学ぶ。1983年淀屋橋心理療法センターを開設。1984‐1986年厚生省・神経性食思不振症調査研究班メンバー。2003年大阪大学医学部非常勤講師。淀屋橋心理療法センター所長。専攻は家族療法、精神医学

増井昌美[マスイマサミ]
1968年関西学院大学文学部卒業。シティ・バンク、N.A.大阪入行。1971年エンサイクロペディア・ブリタニカ東京勤務。1978年精神医療の翻訳に従事。1984年淀屋橋心理療法センター勤務、家族療法を学ぶ。同センター家族問題研究室長、ファミリー・セラピスト