いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法 (増補改訂第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 440,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791102068
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0011

出版社内容情報

《内容》 人生を明るく生き、憂うつな気分をなくすための認知療法と呼ばれる科学的方法を示す。抑うつを改善し、気分をコントロールする方法をやさしく解説。

内容説明

認知療法の気分改善効果は、驚くべきものである。うつ病に対して、抗うつ薬と同等か、それ以上の治療効果があると証明された初めての精神療法、それが認知療法である。本書は、人生を明るく生き、憂うつな気分をなくすための認知療法と呼ばれる最新の科学的方法を示す。抑うつ気分を改善し、自分の気分をコントロールする方法を身につけるための最適の書。

目次

第1部 理論と研究(うつ病治療の画期的進歩;どうやって気分を診断するか―治療の第一歩;自分の感情を理解する―考え方で気分は変わる)
第2部 応用(自己評価を確立することから始めよう;虚無主義―いかにして克服するか;言葉の柔道―批判を言い返すことを学ぶ;あなたの怒り指数はいくつか―怒りのコントロール法;罪悪感の克服法)
第3部 現実的なうつ病(哀しみはうつ病ではない)
第4部 予防と人間的成長(憂うつの根本的な原因;いつも認められたい;愛情への依存;仕事だけがあなたの価値を決めるのではない;中ぐらいであれ!完全主義の克服法)
第5部 絶望感と自殺に打ち勝つ(最終的な勝利―生への選択)
第6部 日々のストレスに打ち勝つには(自分の理論を私自身にいかに当てはめているか)
第7部 感情の化学(抗うつ薬の消費者ガイド)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

harass

75
一般向け認知療法の理論と方法。10種類の認知の歪みを指摘し、読者自身が自分を分析できるよう豊富な実例と著者の体験を述べる。中辞典なみの分厚さで文字がぎっしり。全体の三分の一の薬については日本と事情が違うのと専門的すぎるので無視。抑うつだけではなく、怒りや承認中毒などにも対応しているのに驚く。80年代に初版がでた本だが方法は今でも通用すると思われる。古典といってよくこれで凡百の下手な自己啓発本を読む必要がなくなるのはいいことだ。ただし翻訳ものの癖があり、日本人が書いたアップデートしたものがあるのではと思う。2019/06/23

ゆめ

48
通院先のドクターからの課題本。専門的な部分が多く おすすめ本とは言えませんが 私には多少プラスになりました。次回の通院日に返却し お話しする予定です。2018/03/25

はるき

26
 なにこれ電話帳?正直な感想はまずそこ。本の厚さにビックリ仰天。あまりにも長いので流し読みです…。悩みを抱える方よりも知識として知りたい方向き。2020/05/02

テツ

17
僕自身は心底から適当でいいかげんでだらしないタイプの人間なのでこうした症状が出てくることはないだろうけれど、楽になって欲しい人が身近にいるため勉強したかったので。現代科学の汗と努力の結晶である薬物も効き目はあるんだろうけれど、こうした認知療法こそ文字通り病は気からと言えるうつの状態には良い影響があるのかもな。小さな小さな認知の歪みが大きなズレとなりやがてその人間を苦しめる原因となっていく。きっちり知るためにもう一度再読しようと思います。2017/06/12

coaf

13
タイトルはこんな感じだが、れっきとした科学の本である。認知療法の本としては最高のものだと思う。近所の病院の心療内科や精神科ではバーンズ先生やその他優秀な精神科医による優れた治療を受けられないだろう。薬を出されておしまい。効果がでなければ薬を変えるか、あるいはそれでも同じ薬を服用し続けることになるかもしれない。認知療法には薬と同程度の効果があると証明されている。また、本書のような本を読むことで患者自らが治療を行う読書療法なる方法も効果的である。2013/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5012

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。