Sekaishiso seminar<br> 小説のナラトロジー―主題と変奏

個数:

Sekaishiso seminar
小説のナラトロジー―主題と変奏

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月30日 22時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 319,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790709664
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C3395

内容説明

ナラトロジー(物語論)の観点から、漱石、鴎外、鏡花、荷風、谷崎、川端、大岡、三島、筒井、中上、大江を読み、日本近現代小説にひそむ、語りの技と物語の構造の両面を分析、小説の新たな読解を提示する。

目次

1 主題の諸相(虚構性と物語性―筒井康隆『虚人たち』と『美芸公』;回想と現在―大岡昇平『野火』;物語の構造と語りのレトリックの絡み合い―鏡花『伯爵の釵』;テクストとパラテクスト―永井荷風『珊瑚集』;テクストとしての小説家―大江健三郎『懐かしい年への手紙』)
2 変奏の行方(写生文と小説のあいだ―漱石『草枕』『虞美人草』『坑夫』;書くことの悪魔払い―鴎外『追儺』;越境する物語―谷崎潤一郎『吉野葛』;切り取られた時間―川端康成『浅草紅団』;テクストの内/外なる「作家」―三島由紀夫『仮面の告白』と『禁色』;高貴にして澱んだ「物語」―中上健次『千年の愉楽』)

著者等紹介

北岡誠司[キタオカセイジ]
東京大学大学院博士課程単位取得退学。現在、奈良女子大学名誉教授。専門はナラトロジー、ロシア現代思想

三野博司[ミノヒロシ]
(仏)クレルモン=フェラン大学大学院博士課程修了。現在、奈良女子大学文学部教授。専門はフランス文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

でろり~ん

0
面白くは読めましたが、玉石混交という感想でした。ナラトロジーの理論を日本の昔の小説に展開するのに、作者個人の性格に言及する必要があったとして、それが巧くいっているとは言い難いものもいくつもありました。ナラトロジーを云々するには、日本語レベルが低いと感じてしまう人もいた、という印象でした。ナラトロジーの背景にあるべき作家性を前面に持ってくるのはチャレンジではあったかもしれませんが、成功はしていませんね。ちと残念でした。2021/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/25812

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。