性格はどのようにして決まるのか―遺伝子、環境、エピジェネティックス

個数:

性格はどのようにして決まるのか―遺伝子、環境、エピジェネティックス

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 176,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788514362
  • NDC分類 141.93
  • Cコード C1011

内容説明

人は生まれ落ちた時から個性豊か。冒険心にあふれた子もいれば、のんびりするのが好きな子もいる。解明されつつある遺伝子、環境、そしてその相互作用を中心に、発達心理学、脳科学、分子生物学の成果をふまえて=性格の起源をていねいに解説。

目次

第1章 個性の誕生
第2章 遺伝子は性格の50%を決める?
第3章 赤ちゃんの気質―発達心理学からのアプローチ
第4章 表現型から遺伝子型、脳回路、そしてエピジェネティックスへ
第5章 候補遺伝子アプローチと全ゲノム関連解析法のあいだ
第6章 動物の個性・性格
第7章 性格をめぐるさまざまな話題

著者紹介

土屋廣幸[ツチヤヒロユキ]
ラ・サール高校卒、熊本大学医学部卒、熊本大学大学院医学研究科修了、熊本大学医学部小児科助手、米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター留学、NTT九州病院小児科部長をへて現職。現職、福田病院小児科健診部長(医師、医学博士)。専門は小児科学。現在、新生児の出生数が年間3400人と日本で一番多い病院で、乳児健診を行うとともに、発達心理学の学際的アプローチに興味を持っている。小児血液学、遠隔医療、小児発達学についての論文多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件