家族というストレス―家族心理士のすすめ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788510265
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C1011

出版社内容情報

 生存のために必要だった大家族の時代には、相互支援的な関係からの「あたたかさ」や「ぬくもり」が大切にされていました。しかし、現代の核家族では、熱い関係と冷たい関係の両極の間を揺れ動きやすく、心身の健康の維持、増進に役立つ最適な「あたたかさ」を保持するのが困難になっています。家庭の崩壊を予防するためには、新しい視点から家族が家族関係を健全化する取り組みを学ぶ機会(家族教育)を提供すること、および家族カウンセリング・家族心理療法の普及を推進することが、重要課題であることを強調しておきます。(本文「1ぬくもりを失った家庭」より)

--------------------------------------------------------------

 【関連書籍】
 『 母に心を引き裂かれて 』 ローソン著 (定価2625円 2007 発行とびら社)
 『 増訂版 臨床心理士資格試験必勝マニュアル 』 藤田祐美著 (定価2730円 2007)
 『 生によりそう「対話」』 土屋由美著 (定価2310円 2007)

 【新 刊】
 『 心の問題への治療的アプローチ 』 スーザン・ケイヴ著 (定価2310円 2007.9月)

内容説明

家族がストレスに揺らぎほころんでいく―家族の再生を援助する家族心理士とは。

目次

1 家族の変貌(ぬくもりを失った家庭;ストレスに揺らぐ家族関係;夫婦関係のパラドックス;離婚にみる関係の病理;児童虐待の家族臨床)
2 関係の修復(家族心理学の視点;家族カウンセリング;離婚カウンセリング;夫婦間暴力と被害者支援;心の危機への支援)
3 家族の蘇生(人間力と心の危機管理;家族のライフサイクルと危機管理;あたたかい家族の蘇生に向けて)
4 家族支援の心理専門職(家族心理士の資格;家族相談士の養成)

著者等紹介

岡堂哲雄[オカドウテツオ]
1932年北海道に生まれる。1954年東北大学文学部心理学科卒業。聖徳大学大学院臨床心理学研究科教授。文教大学名誉教授。教育学博士、家族心理士、臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hanan

1
するすると読めて、また自分の家族、親、恋愛関係などと参照して、なるほどなーと思えることが多々。 いろいろと納得、理解が進んだ。 読みやすさは◎!学部生向けの本。理論的というより、説得的な感じ。だから読みやすい。心理学を勉強したことない人でも楽に読める。 通勤中やトイレの中でも読める気軽さがある。詳しくはmixiレビューに書きました 2015/08/23

ラミー

0
2016/01/27

さんまさ(旧ogerisama)

0
すごく救いのない書き方してある本。文章もまるで直訳した翻訳本みたいな飾り気のなさ。筆者はかなり保守的な考えなのかな、説教くさい。 と散々な感想だけど内容は興味深いです。2012/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/635493

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。