ワードマップ<br> 質的心理学―創造的に活用するコツ

個数:
  • ポイントキャンペーン

ワードマップ
質的心理学―創造的に活用するコツ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月10日 20時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788509139
  • NDC分類 140.7
  • Cコード C1011

内容説明

37のキーワードで専門家が惜しげなく明かす質的心理学ビギナーのためのノウハウ集成。

目次

1 質的研究とは何か
2 質的研究を構想する
3 フィールドと対象を選ぶ
4 データを収集する
5 個別の方法
6 データを整理する
7 論文にまとめる

著者等紹介

無藤隆[ムトウタカシ]
白梅学園短期大学教授・学長

やまだようこ[ヤマダヨウコ]
京都大学大学院教育学研究科教授

南博文[ミナミヒロフミ]
九州大学大学院人間環境学研究院教授

麻生武[アサオタケシ]
奈良女子大学大学院人間文化研究科教授

サトウタツヤ[サトウタツヤ]
立命館大学文学部心理学科助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

質的研究をすることは、別に量的視点を排除することではない。問いかけのタイプが異なるだけであり、両者が相まって、対象のより十全な理解が可能となる。カテゴリーに分けること自体は質的であっても、そのカテゴリーに現象を振り分けて計数すれば、量的な分析に立ち入ることになる。目の前の場や対象を記述することは質的であっても、母集団全体に当てはまるかどうかを確からしさをもって述べたいと思えば、量的な研究が不可欠である。質は量を例示し、量は質を展開させるのである。(「研究における質対量」より)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件