躁うつ病を生きる―わたしはこの残酷で魅惑的な病気を愛せるか?

個数:

躁うつ病を生きる―わたしはこの残酷で魅惑的な病気を愛せるか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月20日 21時52分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788506541
  • NDC分類 493.76

内容説明

自ら病み、自ら癒し人となったある女性精神医の生の回想。

目次

1 自由な青い空の彼方へ(太陽に向かって;生きるための教育)
2 素敵とはいえない狂気(舞いあがる心;遙かなる土星 ほか)
3 この薬、この愛(将校にして紳士;雨が降っていたよね ほか)
4 躁うつ病を生きる(狂気について;もつれたらせん ほか)

出版社内容情報

 時に生きる力を極限まで活性化し,時に死へと誘う躁うつ病というパラドックス。自ら躁うつを病みつつ治療者でもあるという二重のパラドックスを,愛と勇気に支えられて生き抜いてきた女性医学者の胸打つ記録。

 自分の病気について公にする決心について、わたしはずっと心配しつづけている。けれども三十年以上も躁うつ病を抱えてきたことによって得た強みのひとつは、乗り越えられないほど困難なことはめったにないとおもえるようになったことだ。それはチェサピーク湾が嵐のときにベイブリッジを渡っているようなものだ。前に進むのは怖いかもしれないが、あともどりはできない。詩人ロバート・ローエルのきわめて本質的な提案に、わたしはなにかしら慰められずにはいられない…いっそ何があったか言ってしまえばいじゃないか。(「プロローグ」より)

 ・「日経メディカル」99.2月
 ・「Woman’s EYE」99.3.1  塩浦章 
 ・「毎日ライフ」99.7
 ・「精神療法」99.8月 市川潤氏評
 ・聖教新聞 99.8.7

----------------------------------------------------------

 【関連書籍】
 『 増訂版 臨床心理士資格試験必勝マニュアル 』 藤田祐美著 (定価2730円 2007)
 『 キーワードコレクション パーソナリティ心理学 』 二宮克美・子安増生編 (定価2625円 2006)
 『 精神病というこころ 』 松木邦弘著 (定価2520円 2000)

 【新 刊】
 『 レクチャー精神科診断学 』 京都府臨床心理士会編 (定価2940円 2007.8月)