フォーラム21<br> もっと考えて!!子どもの保育条件―保育所最低基準の歩みと改善課題

個数:

フォーラム21
もっと考えて!!子どもの保育条件―保育所最低基準の歩みと改善課題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月21日 09時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 121p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788000476
  • NDC分類 369.42
  • Cコード C0037

目次

1 保育所制度と最低基準の役割について
2 最低基準制定の経過と改善の歩み(第一期―改善への第一歩;第二期―本格的改善への期待;第三期―保育所抑制論と「緩和合理化」路線;第四期―保育所政策の軌道修正のなかで―新たな規制緩和政策に抗して)
3 最低基準の抜本的改善の基本的視点と緊急課題

著者等紹介

村山祐一[ムラヤマユウイチ]
1942年東京生まれ、埼玉育ち。69年法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了。社会福祉法人加須福祉会三俣保育園園長などを経て、現在鳥取大学教育地域科学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takao

2
2001年8月7日発行(初版)。発行から17年。当時、待機児解消を名目に次々と保育所定員を「弾力化」するなど保育の質が問われていた。戦後間もない頃に定められた「最低基準」のまま50年以上を経ていた。それからまた20年近く経つが、保育所は株式会社立を中心に増える一方。果たして保育の質はどうなっているのか疑問が湧く。「保育士合格テキスト」巻末の資料を見てみると、最低基準は「最低」のまま全く改善されていない。消費税率引き上げの呼び水に「幼児教育の無償化」が検討されているが、それより前にやることがあるはずだ。2019/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/324038

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。