新典社選書<br> 宮崎駿の地平―ナウシカからもののけ姫へ (新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

新典社選書
宮崎駿の地平―ナウシカからもののけ姫へ (新版)

  • 野村 幸一郎【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 新典社(2018/03発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月23日 05時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787968371
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0374

目次

第1章 「広場の孤独」という生存様式―『風の谷のナウシカ』から『ハウルの動く城』へ(風の谷の「人民」;“共生”の構造;自然に背反する人為―『風の谷のナウシカ』から『天空の城ラピュタ』へ;マルクス主義への懐疑;「広場の孤独」という生存様式―堀田善衛との接点;国民国家へのまなざし―『紅の豚』と『ハウルの動く城』)
第2章 照葉樹林文化とアニミズム―『もののけ姫』から『となりのトトロ』へ(『もののけ姫』と照葉樹林文化論;カインの末裔;『もののけ姫』から『となりのトトロ』へ―柳田國男との接点;アニミズムの受容をめぐって;タタリ神とディダラボッチ;自我の行方―司馬遼太郎・網野善彦との接点)
第3章 “自立”という問題系(キキの旅立ち―『魔女の宅急便』;『千と千尋の神隠し』のアニミズム;現代文明を超克する“私”―『崖の上のポニョ』へ)

著者等紹介

野村幸一郎[ノムラコウイチロウ]
1964年三重県伊勢市生まれ、立命館大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)、京都橘大学教授、日本近代文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。