“戦後”の誕生―戦後日本と「朝鮮」の境界

個数:
  • ポイントキャンペーン

“戦後”の誕生―戦後日本と「朝鮮」の境界

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2018年12月17日 07時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 329p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787716118
  • NDC分類 309.021
  • Cコード C1010

内容説明

“戦後”的価値観の危機は、“他者”の消去の上にそれが形成された過程にこそ本質的な問題がある。捨象の体系としての「戦後思想」そのものを鋭く問い直す。

目次

消去を通してつくられた「戦後」日本
1 思想―消去の政治(「戦後日本」に抗する戦後思想―その生成と挫折;捨象の思想化という方法―丸山眞男と朝鮮;戦後の復旧と植民地経験の破壊―安倍能成と存在/思惟の場所性)
2 制度―配置の力学(「強制連行」と「強制動員」のあいだ―二重の歴史化過程のなかでの「植民地朝鮮人」の排除;人権の「誕生」と「区画」される人間―戦後日本の人権制度の歴史的転換と矛盾)
3 表象―交錯の風景(縦断した者、横断したテクスト―藤原ていの引揚げ叙事、その生産と受容の精神誌;「朝鮮人死刑囚」をめぐる専有の構図―小松川事件と日本/「朝鮮」)

著者等紹介

権赫泰[クォンヒョクテ]
1959年生まれ。韓国・聖公会大学校日本学科教授。日韓関係史および日本現代史専攻

車承棋[チャスンギ]
1967年生まれ。韓国・朝鮮大学校国語国文学科助教授。韓国近代文学・思想専攻

中野宣子[ナカノノリコ]
翻訳家、韓国語講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。