アメリカ民事訴訟法の理論

個数:

アメリカ民事訴訟法の理論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 362p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784785713423
  • NDC分類 327.953
  • Cコード C3032

目次

第1章 アメリカ民事訴訟の神話と現実
第2章 アメリカにおけるディスカヴァリの過去、現在、未来
第3章 アメリカ民事訴訟におけるプライヴァシーおよび営業秘密の保護
第4章 アメリカ民事訴訟における和解―訴訟法および裁判所の役割
第5章 民事訴訟の証明度における日米比較
第6章 アメリカ民事訴訟法における遮断効―政策的圧力の下での法的な原理
第7章 アメリカのクラス・アクション―疫病神か救世主か
第8章 弁護士費用は誰が負担すべきか―民事訴訟における弁護士費用の償還に関する種々のアプローチとその選択
第9章 裁判管轄と判決に関するグローバル・ロー―アメリカと日本の視点から

著者等紹介

大村雅彦[オオムラマサヒコ]
中央大学法科大学院教授

三木浩一[ミキコウイチ]
慶應義塾大学法科大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。