新教科書シリーズ<br> 入門 転位論

個数:
電子版価格 ¥3,080
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新教科書シリーズ
入門 転位論

  • 加藤 雅治【著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 裳華房(1999/08発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 56pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 05時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784785361068
  • NDC分類 428.4
  • Cコード C3058

内容説明

金属材料、半導体材料、セラミックス材料を問わず、材料の多くは結晶性の固体からなっている。そして、結晶の力学的性質を支配する最も重要な結晶欠陥が転位である。転位を知ることなくして、材料の力学的性質を理解することはできない。本書は、大学の2、3年生の講義にも使える、基礎的な部分から始めて、内容を容易かつ系統的に理解できる教科書である。

目次

第1章 結晶欠陥としての転位の概念
第2章 弾性論の基礎
第3章 変形の熱力学
第4章 転位の弾性論
第5章 転位に働く力
第6章 転位の増殖、切り合いと堆積
第7章 転位の結晶学
第8章 転位の熱活性化運動
第9章 塑性変形の転位論
第10章 外部応力および内部応力下での転位の形状
第11章 強化機構
第12章 界面転位と転位組織

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

hayamin_k

0
ざっと一読。数式は流していたので再読のときに重点をおく。2011/10/19

kumoi

0
転位や材料強度学に関する本。複雑な理論ながら、数式が丁寧に記載されているため理解しやすい。構造材料を扱う人なら是非読んでおきたい名著。2019/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1248710

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。