思文閣史学叢書<br> 中世寺院社会の研究

個数:

思文閣史学叢書
中世寺院社会の研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 583,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784210916
  • NDC分類 185
  • Cコード C3021

出版社内容情報

中世社会における影響力の大きさにもかかわらず、その活動を総体として把握しようとする試みがほとんど行なわれてこなかった比叡山延暦寺を主たる対象とする。惣寺がいかなるものであったかはもとより、惣寺を基盤として形成されていた寺院社会、ひいては中世社会の本質を探る、著者初めての論文集。

内容説明

近年、中世の寺院の多くが「惣寺」と呼ばれた僧侶たちによる合議を基本として運営されていたことが、徐々にあきらかになりつつある。本書はそのような惣寺を基礎単位とした中世寺院の広がりを寺院社会として捉え、その歴史的な意味を考察しようとするものである。

目次

第1篇 山徒の存在形態(山門使節制度の成立と展開―室町幕府の延暦寺大衆政策をめぐって;延暦寺における「山徒」の存在形態―その「房」のあり方をめぐって ほか)
第2篇 大衆と惣寺(中世寺院における大衆と「惣寺」―「院々谷々」の「衆議」の実態;延暦寺大衆と日吉小五月会(馬上方一衆出現の契機;室町幕府の対大衆政策))
第3篇 寺家の構造(延暦寺における「寺家」の構造;延暦寺千僧供領の研究―室町時代における近江国富永庄の支配機構 ほか)
第4篇 門跡寺院の歴史的役割(中世門跡寺院の組織と運営;中世門跡寺院の歴史的機能―延暦寺の場合を中心に ほか)

著者等紹介

下坂守[シモサカマモル]
1948年生。大谷大学大学院文学研究科修士課程修了(日本中世史)。京都国立博物館学芸課長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。