ブラック化する保育

個数:

ブラック化する保育

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年01月19日 09時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784780308310
  • NDC分類 369.42
  • Cコード C0036

内容説明

change.org「保育士給与増額署名」で、28000人の賛同!元保育園長・大川えみるが「保育業界の闇」を問う。人手不足の保育施設で、何が行われているのか?園長や保育士の事件は、どのようにして起こるのか?いつも笑顔の保育士たち、その裏側で…。

目次

第1章 保育施設の事故・事件は構造的な問題―マスコミも取り上げる保育事故・事件の背景とは
第2章 増える保育施設でのトラブル―背景に見える保育の現実
第3章 たいへんすぎる保育労働―保育士不足の原因は?
第4章 運営法人と保育制度―家族経営による不祥事、行政とのなれあい
第5章 保育者の人間模様(1)―マイルドヤンキーとゆとり世代
第6章 保育者の人間模様(2)―問題をかかえる保育者
第7章 養成校で起こっていること―保育の未来がここにあるとしたら
第8章 日本の保育の近未来―国産の保育はぜいたく品に?
おわりに―理想の保育を求めて

著者紹介

大川えみる[オオカワエミル]
教育学修士。西日本の民間認可保育園園長、保育者養成短大の講師を歴任。大学の非常勤講師、社会人講座講師、ゲストスピーカーとして、保育関連課題を幅広く扱う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)