絶歌―神戸連続児童殺傷事件

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

絶歌―神戸連続児童殺傷事件

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年06月17日 23時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784778314507
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

1997年6月28日。僕は、僕ではなくなった。酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年Aが18年の時を経て、自分の過去と対峙し、切り結び著した、生命の手記。

目次

第1部(名前を失くした日;夜泣き;生きるよすが;池;それぞれの儀式 ほか)
第2部(ふたたび空の下(二〇〇四年三月十日~四月上旬)
更生保護施設(二〇〇四年四月上旬~四月中旬)
ジンベイさんとイモジリさん(二〇〇四年四月中旬~二〇〇四年五月中旬)
最終居住先(二〇〇四年五月中旬~二〇〇五年一月)
旅立ち(二〇〇五年一月~二〇〇五年八月) ほか)

出版社内容情報

1997年6月28日。
僕は、僕ではなくなった。
酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年Aが18年の時を経て、自分の過去と対峙し、切り結び著した、生命の手記。

「少年A」――それが、僕の代名詞となった。
 僕はもはや血の通ったひとりの人間ではなく、無機質な「記号」になった。
それは多くの人にとって「少年犯罪」を表す記号であり、自分たちとは別世界に棲む、人間的な感情のカケラもない、
不気味で、おどろおどろしい「モンスター」を表す記号だった。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件