科学技術計算のためのPython入門―開発基礎、必須ライブラリ、高速化

個数:
  • ポイントキャンペーン

科学技術計算のためのPython入門―開発基礎、必須ライブラリ、高速化

  • ウェブストアに43冊在庫がございます。(2018年12月13日 06時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 399p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774183886
  • NDC分類 418.1
  • Cコード C3055

内容説明

科学技術計算を強力サポートするPythonのエコシステムの今を知り、より効率的な研究/開発を実現する。研究/開発に使える基本文法から実践テクニックまでこの1冊で!

目次

科学技術計算とPython
ゼロからのシミュレータ開発
IPythonとSpyder
Pythonの基礎
クラスとオブジェクトの基礎
入力と出力
NumPy
SciPy
Matplotlib
pandas
プログラムの高速化
プログラム高速化の応用例

著者等紹介

中久喜健司[ナカクキケンジ]
東京大学工学部航空宇宙工学科および同大学院を2000年に卒業後、三菱電機(株)に入社。空力/航法/制御系設計のエンジニアとしてさまざまな業務に従事し、今に至る。GPS(米国の衛星測位システム)の利用技術などに詳しい。測位航法学会正会員。研究/開発業務でC言語、MATLAB、Perlなどのプログラミング言語を利用しているが、Pythonのエコシステムの充実に伴い、Pythonの業務への利用/活用を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

科学技術計算向けの、Pythonの実践的な入門書。理工系の学部や研究室等でもPython採用実績が増えてきています。本書では、実験やシミュレーション等で役立つPythonによる開発の基本を徹底解説。冒頭でロケットシミュレータの作成場面を想定し、コーディングの基礎からデバッグやテストまで、いつ、何をするか、具体的なフローを平易に紹介します。押さえておきたいライブラリであるNumpy/SciPy/Matplotlib/pandas等もコンパクトな例と共に紹介。広く初学者の方々へ、言語の基本から実践テクニックまで一挙にわかる1冊です。