脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ

個数:

脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月23日 03時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 349p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784772695152
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0040

目次

1章 身体の曼荼羅―どこもかしこもマップ、マップ
2章 脳の中の小人―あなたの男性のシンボルが自分で思うほど大きくないわけ
3章 ボディ・マップの決闘―減量に成功しても太っていると思うわけ
4章 脳も運動中―メンタル・トレーニングが良く効くわけ
5章 狂った可塑性―スポーツや音楽の達人がうまくいかなくなるわけ
6章 壊れたボディ・マップ―博士が手を下ろしていられなかったわけ
7章 身体を包むシャボン玉―オーラが見えたり、体外離脱したりするわけ
8章 サルからサイボーグへ―ビデオ・ゲームにはまるわけ
9章 鏡よ、鏡―あくびがうつるわけ
10章 心と身体が交わる場所―痛みが気分次第で変わるわけ

著者等紹介

ブレイクスリー,サンドラ[ブレイクスリー,サンドラ][Blakeslee,Sandra]
サイエンス・ライター。長年『ニューヨーク・タイムズ』紙に寄稿している。脳神経科学が専門だが、南極氷原からタスマニアン・デビルに至るまで、幅広いテーマで記事を執筆

ブレイクスリー,マシュー[ブレイクスリー,マシュー][Blakeslee,Matthew]
サイエンス・ライター

小松淳子[コマツジュンコ]
翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

脳―心―身体の境界を超える
最新にして最高に興味深い研究成果を、
名サイエンス・ライターがスリリングに描き出す。
心/体・・・バーチャル/リアル・・・自己/他者・・・を超えた最先端領域へ!

医療・教育・スポーツ・ゲーム・ネットコミュニケーション・・・などを
ボディ・マップの科学はどう塗り替えようとしているのか?

*ベストセラー『脳のなかの幽霊』(共著)に続く超話題作!
*ワシントン・ポスト紙による2007年度 ベスト・ブック(科学・医学部門)
*脳科学界のリーダー、ラマチャンドラン、ダマシオ、ガザニガ各氏が称賛!
*内田樹さんも絶賛!