ティーンのためのマインドフルネス・ワークブック

個数:

ティーンのためのマインドフルネス・ワークブック

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2018年07月19日 21時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 165p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784772416207
  • NDC分類 498.39
  • Cコード C3011

内容説明

最近、悲しい気持ちになることが多かったり、大切な人に厳しく接したりしたことはないだろうか?以前より不安やイライラを感じることが多くないだろうか?ひとたびハンドルが利かなくなった感情は、自傷行為、薬物依存、アルコール依存、ギャンブル、万引き、無軌道な性交渉などのトラブルに発展し、学校・社会生活や人間関係を壊してしまう。しかし、それでも感情は人生を豊かにしてくれる。だからこそ、他人も自分も傷つけないように、苦しみや悲しみの感情を避けずに自分の感情に気づく「正しい操縦法」を学んでいこう!ワークとエクササイズで「マインドフルネス」「感情調整」「心の痛み耐性」「対人有効性」の4つのスキルを身につけて、人間関係もスムーズに、こころもからだも楽になる、思春期・青年期を生きる子どものためのマインドフルネス実践ガイド。

目次

第1章 マインドフルネス―自分に気づく
第2章 感情について知るべきこと
第3章 暴走しがちな感情をコントロールする
第4章 心の痛みを和らげる
第5章 危機を乗り越える
第6章 気分を改善する
第7章 人間関係を改善する
第8章 まとめ―これまで学んできたこと

著者等紹介

ヴァン・ダイク,シェリ[ヴァンダイク,シェリ] [Van Dijk,Sheri]
メンタルヘルスセラピスト。カナダのオンタリオ州ニューマーケットにおいて、個人開業しながら、サウスレイク医療センターでも勤務している

家接哲次[イエツグテツジ]
名古屋経済大学大学院人間生活科学研究科・人間生活科学部教授。名古屋経済大学マインドフルネスセンター所長。名古屋市立大学医学研究科修了。博士(医学)。Oxford大学(Department of Psychiatry)アカデミックビジター(2013~2014年)。Oxford Mindfulness Centre認定MBCTインストラクター。Mindfulness Network登録スーパーバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

あなたは最近、悲しい気持ちになることが多かったり、大切な人に厳しく接したことはないだろうか? 以前より不安やイライラを感じることが多いと感じていないだろうか?
感情は、ひとたびハンドルが利かなくなると、自傷行為、薬物依存、アルコール依存、ギャンブル、万引き、無軌道な性交渉などのトラブルに発展し、学校・職場・社会生活や人間関係を破壊することもある。しかし感情は人生を豊かにしてくれる。だからこそ感情に振り回されて自分や他人を傷つけないように、自分の感情に気づき、苦しみや悲しみの感情を避けず、マネジメントとコントロールの方法を学ばなくてはならない。
感情トラブルに巻き込まれた人をサポートする技法として、マーシャ・リネハンによって開発された弁証法的行動療法(DBT)。本書では、10代の思春期・青年期の子どもたちが健やかに穏やかな日々を送るために、4つのDBTのコアスキルをわかりやすく学ぶことができる。自己理解を深めて感情・行動をコントロールできるようにする「マインドフルネス」、自分の感情を上手に扱ってポジティブな感情を増やしていく「感情調整」、否認や怒りに駆られた行動で事態を悪化させずに乗り越えさせてくれる「心の痛み耐性」、友達や仲間との健全な関係を育む「対人有効性」――これら4つのスキルを、「身体感覚のマインドフルネス・エクササイズ」「感情に名前をつけるワーク」「理性的な心,感情的な心,賢い心を区別するワーク」「断定的から非断定的へ発想を転換するワーク」「危機回避プランを作るワーク」「自分を尊重するワーク」「思いやりの瞑想」「ポジティブなことに焦点を当てるワーク」「感情にマインドフルでいるワーク」「アサーティブネスの練習」などの多彩なワークで学び、感情と上手につきあう方法を身につけていく。
こころもからだも楽になり、人間関係もスムーズに、健やかに穏やかな日々を送るためのマインドフルネス実践ガイド。

シェリ・ヴァン・ダイク[シェリヴァンダイク]
著・文・その他

家接 哲次[イエツグ テツジ]
監修/翻訳

間藤 萌[マトウ モエ]
翻訳