精神療法<br> 認知行動療法のこれから - 取り組むべき課題

個数:

精神療法
認知行動療法のこれから - 取り組むべき課題

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年08月24日 19時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 220p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784772415606
  • Cコード C3047

出版社内容情報

認知行動療法の方略(スキル)は日常的に使われているストレス対処法をわかりやすくまとめたもので、うつ病や不安症/不安障害などの精神疾患の治療としてはもちろん、一般身体疾患での精神的苦痛や、さらには日常生活でのストレスへの対処法として広く用いることができる。
しかし、上記のように利用可能な領域が広いだけに誤解されて用いられることが少なくない。しかも、スーパービジョンなどの訓練をきちんと受けないまま、本を読んだだけで安易に用いられることさえある。そういった実践では、教則本を読んだだけで路上運転をするのと同じことで、きわめて危険である。
そこで、本特集では、厚生労働省が実施しているうつ病の認知行動療法研修事業の体験をもとに、認知行動療法の質を担保するためにこれから必要になる取り組みについて、先生方のお考えをきくのがテーマである。


大野 裕[オオノ ユタカ]

精神療法編集部[セイシンリョウホウヘンシュウブ]